脱毛にはどんな方法があるか

思い切って、脱毛を始めてみたいけど、どんな方法や種類があるのでしょう。
脱毛には様々な種類があります。自分で行う方法やエステなどやってもらう方法。
また効果は一時的なのものか、永久的なのか。
それぞれの脱毛のメリット、デメリットを見ていきましょう。

毛は抜くのが簡単だけど問題ないのか

ピンセットなどで抜く脱毛することはよくあります。あとかたなく消えてしまうので見た目の効果は抜群です。
ただ、元気な毛を無理やり抜くと、毛根部にある細胞と引き剥がされることになり毛細血管や皮膚細胞が傷つく場合があります。
皮膚細胞が修復する際に、毛が生えるより前に皮膚が再生してしまい、埋もれ毛という症状になってしまうことがあります。

溶かす方法は手軽で簡単

クリームで溶かす脱毛方法があります。
一時的な脱毛方法ではありますが、手軽に自分でも出来る方法です。
長ければ1週間ぐらいは綺麗な状態が保てます。
剃毛した後のブツブツ感やチクチク感が気になる人にはおススメします。

肌の敏感な人は、皮膚が赤くなったり痒くなったりすることがあります。
初めて使う場合は、赤みや痒みなどが出ないか確認する作業が必要です。

永久性を求めるならレーザー脱毛

レーザー脱毛は、黒い毛に反応するレーザーをお肌に照射することによって、毛の細胞に熱を集め処理していく方法です。永久的な脱毛方法で、短時間で脱毛処理ができます。
お医者さんの元で行うので安心できますし、少ない回数で早く永久系脱毛を完了できます。

レーザーを照射する時に、肌にも若干の熱が当たってしまうため、火傷のリスクや赤みが出る場合が多いようです。痛みはそれなりにあるようで、あまりの痛さに途中で辞める人もいるようです。

光脱毛は永久効果もあり痛みもない

光脱毛はレーザー脱毛に続く永久的な脱毛方法です。
レーザー脱毛よりも短時間で終わる場合が多く、痛みが少ないのが特徴です。
永久系脱毛がしてみたいが痛いのが苦手、安く済ましたいと考えている方にはいいと思います。

光脱毛は、レーザー脱毛よりも効果が劣り、産毛や細い毛を脱毛できません。
レーザー脱毛よりも来店回数が増える事もあって、長い場合だと1~2年ほどかかる場合もあります。

他にも脱毛には様々な種類があります。
それぞれのメリットとデメリットを理解して、自分に合った脱毛方法を行っていきましょう。

関連記事です♪